和室の照明デザイン!小さなスペースにはLED照明を

和室空間の照明デザイン

和室は客間として使用したり、自室として使用することも多いですよね。照明計画を行う際には、まずはわしが誰にどのように使われるのかを確認し検討してみましょう。一般的な和室の照明は和風のシーリングライトが用いられることが多く、高齢者が自室として使用する場合には均質に硬い照度が確保できる方法です。また、客間や応接スペースとして用途がある場合にはダウンライトを使用してみるという選択肢もあり、光の色濃度は木や和紙などとマッチする電球色がよく合うでしょう。

床の間の演出にも活用

床の間は下がり壁で仕切られてその奥の天井があがっているというつくりが多く、LEDライン照明などの間接照明の設置が容易でしょう。アートや生け花などと照明を組み合わせると空間を引き締めるアクセントになるような演出ができます。ニッチ照明と間接照明を設置して鉛直面を明るく見せたり集光性の高いダウンライトやスポットライトをあててドラマチックに対象物を照らす手法も効果的でしょう。また、和室は基本的に座って過ごすことが多い空間ですので低めのフロアスタンドなどを用意しておくと光がリラックス効果を生みますよ。

LED照明を使った間接照明

バータイプやテープラインなど間接照明用のLEDライン照明の形状がスリムになってきたこともあり、これまで照明が設置できなかったような場所にも間接照明が設置できるようになったのです。和室の場合、長押のようなスペースにもLED照明であれば設置可能なので、天井を照らす演出できますよ。また、壁の部分に小さなスリットを設けて障子を照らすことも可能です。いずれの手法も設置するためのスペースの確保やメンテナンス方法などの十分な事前調整を行いましょう。

LEDライトパネルならば熱を発することがないので、虫が寄りつかないので衛生的です。さらに、光熱費の削減が可能ですから、コスト削減を実現できます。